UR集合住宅歴史館訪問

K&Factoryのページに、先日訪問したUR集合住宅歴史館についての記事をアップしています。貴重な模型や、現物の移設など、日本の住宅の歴史が手に取るような展示内容です。ご興味のある方は是非。

UR集合住宅歴史館訪問その1-同潤会アパート

UR集合住宅歴史館訪問その2-晴海高層アパート

UR集合住宅歴史館訪問その3-戦後最初期のシステムキッチン

書評「建築と不動産のあいだ」

先日、とある機会があり、この本をご紹介頂いた。著者は今不動産業界で注目の「創造系不動産株式会社」の代表取締役、高橋寿太郎さん。さっそく読み、内容が興味深かったので簡単な書評とともにご紹介します。

この本「建築と不動産のあいだ」は、文字通り、建築と、本来は密接な関係があるはずの「不動産」について、いかに両者が関係なく並行して進んでいるか、その問題点とともに、ふたつを関連付けることで生まれる相乗効果について、自社で手掛けた実例などを含めて紹介した本です。

著者の高橋寿太郎さんは、京都工芸繊維大学卒業後、アトリエ系設計事務所である古市徹雄都市建築研究所で勤務後、不動産会社に就職、その後独立して「創造系不動産」を設立した、この業界にいるものにとってかなり変わった経歴の持ち主です。どちらの業界も体験しているため、それぞれの業界の持つ問題点がよくわかっています。ともかく建築家と不動産業界はそれぞれ自立しており、あまり対話していないのが事実です。それは出自が理工学部系(建築)と文系(不動産)であるとか、大学に不動産を教える学科がない、また、建築学科でも不動産の授業がない、ことにも起因しています。

これからは、高橋さんの言う通り、建築家も不動産のこともよく理解し、ファイナンスなども考えながら住宅づくり、建築づくりをしていかないと、施主がよいものを手に入れることができません。土地探しの段階から設計は始まっているのです。(特に、建築家も、不動産の「重要事項説明書」をよく読めという指摘は面白かった!)

不動産クイズなど、面白い記事も入っています。プロの方だけでなく、これから家を建てようとしている、建築やリノベーションを考えている一般の方にぜひ読んでほしい本です。


こちらは私の友人で、仕事も一緒にしている不動産屋さん、永富さんとの日本の住宅と不動産についてのお話です。この本の話題と一部共有しているところもありますので、ぜひご参考に。

→資産としての住宅についての対話/不動産業を営む永冨さんと

K&FACTORYのブログでご紹介した、「社団法人 不動産総合戦略協会」を設立された村林正次さんが執筆された本、「住宅が資産になる日」こちらの内容も、「建築と不動産のあいだ」と内容がリンクしています。建築、不動産業界双方の問題認識が近づいている、ともいえるでしょう。こちらもご紹介まで。

書評「住宅が資産になる日」

書評「住宅が資産になる日」

私がいろいろお世話になっている「社団法人 不動産総合戦略協会」の理事長、村林正次さんの書かれた「住宅が資産になる日」についての書評をK&FACTORYのブログにアップしました。資産にならない住宅を、これから「資産」にしていくために、RCZシステムもあると考えています。ぜひご一読を。

書評「住宅が資産になる日」

素人でもわかるブロック塀の危険性診断

平成30年6月18日に大阪で起きた震災で、問題となったブロック塀の倒壊について、簡単に素人でも診断できる内容についてメモします。

図;ブロック塀の構造について

添付の図を見て頂くとわかりやすいと思いますが、高さ1.2m以上のブロック塀については、すべて控え壁が必要です。この控壁が入っているかいないかで、耐震性は大きく変わります。この控え壁が、3.4mピッチで入っていれば、建築基準法に基づいた設計がされている可能性が高いと考えてよいでしょう。逆に、この高さを超えたブロック塀で、控壁がないとすれば、その時点で震災時に倒壊の危険性があり、何か問題が起きた時に責任を負う可能性があります。

ブロック塀の危険性は、以前から建築学会の中で何回も指摘されていました。耐震診断の中でも、本体構造の診断が優先され、塀や煙突などの付帯構造物の診断は後回しになる傾向があります。今回の学校での痛ましい事故で、その危険性が大きくクローズアップされたことになります。公共建築だけでなく、自宅でもブロック塀を使っている場合が数多くあります。上記の寸法をあたってみることで、専門家でなくてもある程度判断することができます。ご自宅のブロック塀を上記寸法に合わせてぜひご確認下さい。

湯島天神大祭

5月26日(土)、27日(日)、毎年ある湯島天神の大祭です。今年は特に4年に一度の大きなお祭りとのこと。そういわれてみればなにげ見ていると、例年に比べ準備に時間かかっていました。

通りをはさんで湯島天神の向かい側、事務所のある湯島ハイタウン一階のロビーも、大祭の基地になっています。さすが由緒あるマンション。

地元のこうした行事にふれあえることはうれしいことです。(まあ本日も事務所で仕事している間ふれあっているだけですがね。。。事務所にいてお拍子と笛の音が聞こえるところもなかなかない、湯島ならではってことで。)


湯島天神への街路についての小論。まちとどういう関係を湯島天神が持っているか、江戸でもユニークな小高い丘の上にある湯島天神の場所性についてちょっとエッセイ風に。

湯島天満宮への参道/江戸の街路