北欧の木造住宅断熱デザイン

日本の住宅の断熱基準に比べて、ヨーロッパ諸国、特にドイツ、イギリス、北欧諸国などは、厳しい断熱基準を設けていることはこのホームページでも何回も述べています。それは木造住宅でも変わらなく、グラスウールやロックウールによる断熱層だけで30センチから40センチになるものが一般的です。現在の日本の基準で、一般的に断熱材の厚さが10センチ、北海道でも15センチというのに比べて倍以上の厚さになります。

これだけ厚い断熱層を必要とする基準のため、施工方法はまず日本に見られる2×4に似た木の構造体、具体的には45mm×195mmの縦枠下地の中に、断熱材を入れるだけでなく、建物の外側、内側にも入れます。いわば、躯体断熱、内断熱、外断熱のセットになっているのです。三重の断熱システムで、外断熱もあるため、躯体が守られることにもなります。日本の木造住宅が保たない原因のひとつが、木構造の結露による痛みですが、これが外断熱という形で防げることで、木造住宅でも寿命を伸ばすことができます。また、サッシュも単にペアガラスというだけでなく、二重、三重のサッシュで、木造サッシュも多く取り入れられています。

上で述べたように、二重、三重の断熱に守られた家は、わずかな暖房だけでも、冬でも全室が暖かいです。よって、ヒートショックが起こりにくい家になります。寒い冬でも暖かい北欧のくらしは、寒さを我慢して結局からだを傷めている日本人とは対照的です。 私たちは、木造住宅は寒いものだという常識を捨てるべきでしょう。ヒートショックに関しては、実は寒い東日本より西日本の方が多いという統計報告もあります。断熱が比較的なされている北海道、北陸などの寒冷地、豪雪地帯だけでなく、西日本を中心に住宅の断熱基準を見直すべきだと思います。


■関連コラム

ヨーロッパの断熱建築デザインその2 ドイツ編

ヨーロッパの断熱建築デザインその1 スイス編

ヨーロッパの断熱と冷暖房事情

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です