ヨーロッパの断熱建築デザイン その2 ドイツ編①

上の写真は一般住宅の窓の収まり。ドイツの断熱基準に合わせ、20センチの断熱材が外壁に貼られている。通常日本の3倍の厚さ!


続けて、環境都市で有名なドイツ、フライブルグ市の環境化の一環として、郊外の普通の住宅の様子をみたい。こちらも現地の、日本人ガイドさんに案内してもらうことができた。

フライブルグ市の環境都市化の歴史は古く、チェルノブイリ原発のショックで市民の意識が一変した。この街はフランスからそれまで電気を買っていたが、その電気は原子力によって作られたものだったため、いかにそれから脱却するかが住民共通の課題となった。

早くからソーラーパネルなどのエネルギー施策を取りいれただけでなく、環境系企業の誘致、車を市内に入れず、公共交通に乗り換えるパークアンドライドなど、交通システムの実験も行い、さまさまな形の環境政策を打ち出し、ドイツ、ヨーロッパの環境首都とも呼ばれている。


こちらは中心市街地にある環境情報センター。海外からの視察客も多く、普及啓発に熱心。


視察ではいろいろ見せてもらったのだが、今回はドイツの進んだ断熱基準に基づく郊外の住宅地のルポということで。

ドイツ郊外の住宅地、構造は木造、サンルームなどの外屋がくっついている。カラーリングがカラフルです。各家の壁はブログトップの写真でもわかるように、木造の上に外断熱で分厚い断熱材を貼っている。

サンルームの収まり、これが建物の蓄熱に大きな役割を果たしている。太陽光で部屋を暖ためるのは古くからある手法。断熱がしっかりしているので、昼の光で床に蓄熱した熱が逃げない。

これが面白い。ドイツの道路の側溝、隠蔽せずオープンな形で雨水を処理する。ドイツに行って驚いたのは、住宅地など舗装されていないこと、雨水は自然浸透させる。ドイツも一時期までは舗装が進んでいたが、その後舗装を剥がす方向へ。水たまりがあってもそれで良いとい考え方。逆に言えば、日本はあらゆるところが舗装されすぎているというべきか。

こんな感じで、各家庭が思いおもいに自分の家の前の家づくりを楽しんでいる。外屋などはDIYがほとんどとのこと。

郊外住宅地を30分ほど散歩したが、日本との住宅や街の作り方の違いに驚いた。何でもみてみないとわからないものである。


■関連コラム

ヨーロッパの断熱建築デザインその1 スイス編

ヨーロッパの断熱と冷暖房事情

北欧の木造住宅断熱デザイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です