FLOW(お家完成までの流れ)

お家完成まで、設計から完成までのフローをご紹介します。


RC住宅と木造住宅の違い、どんな考え方で住宅をつくったらよいか?RC住宅に向いた土地のご相談など、何なりとご相談ください。疑問に答えます。

相談内容(一例です)

  • 土地探しのご相談
  • RC(Z)住宅についての説明
  • 建築予算の組み立て
  • 希望の土地に建物が建つか。(プランの考え方のアドバイス)等々

設計契約をさせていただきます。お客様と一緒にプランをつくりあげ、自分だけのお家をつくりましょう。


設計料に含まれる内容(大まかな抜粋です)

  • 設計料(デザイン料含む)
  • 構造設計料(建物の強さを計算します)
  • 設備設計料(給排水や電機など、設備図を作成します。)
  • 申請図一式(確認申請など、公的機関に出さなければならない資料を作成します)
  • 現場管理費(工事が始まって以降、お客様の意図通り建物が建っているかを監理します。
  • 素材パネル作成(仕上げ材を様々にご提案します)
  • 地盤調査
  • その他。パース、模型など

様々なお話をお伺いしながら、敷地条件、性能設計もふまえて、プランの提案をさせていただきます。同時に一緒にデザインについても考えていきます。

地盤調査を最初に行い、基礎を確認します(軟弱地盤の場合は杭が必要になる場合があり、RCの場合、工事費に大きく影響します)

設計の早い段階で見積もりを行い。工事予算の検討を行います。コスト調整をしながら、性能も高く良いデザインの住宅をご提案したいと思います。

概要が決まったら、詳細をつめていきます。リーズナブルで良い材料などもご提案しながらお客様と一緒に絞り込んでいきます。また、工務店などとも打合せが始まります。また、建物について審査機関に申請し、認可を受けます(1ヶ月程度)。

プラン、デザイン、コストを決定し、設計事務所監修の下、工務店と契約を行います。

地鎮祭を行い、いよいよ着工です。ここから実際の工事が始まります。

お客様の意図通り実際に工事がきちんと進んでいるか、現場を監理します。また、お客様と定期的に現場管理打ち合わせし、現場での詰めを行います。コンセント等の位置チェックも行います。

いよいよ建物の竣工です。引渡し前にお客様と建物に傷などがないかチェックを行い、建物を工務店から引き渡します。


実際の設計課程について、T邸を参考にご紹介します。

実際の設計FLOW(T邸を参考に)


お問い合わせはこちらへ