店舗、保育園デザインのノウハウ

 

温もりのあるデザイン

ベルギー製のアンティーク煉瓦で「RCZ工法」の駆体を覆い、電飾パネルを内蔵したステンレス製の庇 >> の軒裏を不燃加工したナラの無垢材で装飾することでコンクリート構造物の冷たさを払しょく >> 温もりある雰囲気の玄関に仕上げました。 また外壁に貼った煉瓦が熱を分散することで建物内の断熱効果を更に高めています。(PARKLANE山王マンションのデザイン例)


この温かさが何処から来るのか?・・・私たちは、住宅以外の建築物も多く設計しています。実はそこで得た経験が住宅のデザインに活かされてくるのです。その例を梅島にある「食リビング-くう」やレストラン「soriso」の内装、そして保育園の家具デザインをモデルに説明してみましょう。

(食リビング-くう 梅島にある古民家カフェ)

クライアントは地元で工務店(「株式会社マイ・ライフ」)を経営されている女性社長様です。上下階で20坪程度の古い2階建て木造長屋の構造体をそのまま活かしてカフェにしました。

造り付け収納家具をベンチシートと兼用し、空間の雰囲気と融和させました。毎日使う家具の耐久性は大きなテーマ・・家具専門職人さんの助言に基づいて痛みやすい接合部分の強度化を図りました。

1階のキッチン・・・こちらの長テーブルは仕入れ業者から特別限定価格で仕入れた一枚の無垢材(タモ材)を利用したもの。 それぞれの個性と用途に合わせたデザインキッチンは飲食店にとってはごく普通のものですが、時期ごとに安価で仕入れられる建材をうまく使って空間の「質」を高めてゆきます。

しっとりとした白壁は天然珊瑚粉末を混ぜ込んだ珪藻土を左官仕上げにしたもの。多孔質の天然珊瑚には調湿効果がある為、室内の湿度を快適に保ちます。また嫌な匂いも吸着してくれる為、清涼感が求められる飲食空間やご自宅には最適です。

吊り天井を落として元からあった梁を補強、高い天井高を確保しました。 仕上材の間に断熱材をしっかり入れて断熱性能は確保しています。 


 

レストラン&カフェのデザインもご家庭に

上はレストランのエントランス部分の収納です・・・真鍮の装飾金具やモザイクタイルによって高級感を演出することなど、様々な素材の組み合わせは私たちが得意とする分野です。

上はカフェ空間に使った多種多様の建築素材: 

古いスパニッシュ煉瓦の柱、米国ベンジャミン・ムーア社の塗料による色彩豊かな壁、厚手の粗織りファブリックを使ったベンチシート、フラットな照明器具やワイドブレードのブラインドなど・・・

レトロな型ガラスをはめ込んだスライディングドアもレストラン仕様の特注品です。 床は桜と楢=2種類の木フローリングの貼り方を変え、中間に大理石のボーダーラインをダイナミックに入れたことで雰囲気がグッとゴージャスになりました。

住宅でのご要望にフィットするかどうかは分かりませんが、お客様のテイストに合った様々な素材を提案し全体のバランスを調整することで、他とは一味違う個性的で長く飽きのこない空間を一緒につくりあげて行ければと思っております。


 

保育園デザインから得た知恵:

こちらは保育園の設計で特注した子ども用家具です。家具の塗装材は子どもが舐めても良い自然塗料を使っています。 家具の角を丸め、指詰め防止を施した子ども用の間仕切りや家具など・・安全性におけるノウハウは、お子様がいらっしゃるご家庭には欠かせない要素です。


このように、店舗や保育園などのデザインが住宅に活かせる部分はたくさんあります。これらのノウハウを住宅にもフル活用していきたい!!・・私たちはいつもそう考えています。


■関連コラム

店舗、保育園デザインのノウハウは、住宅に生きるの?

低コストなのに、なぜこんなに品質の高い家がつくれるのか?

古びない素材としての煉瓦