建築散歩も兼ねて、、、千駄木の鴎外記念館(素晴らしい外装タイル貼り)

アプローチから大銀杏を見る。鴎外邸の庭にあった大銀杏をそのまま残し、シンボリックに見立てています。


最近ブログで良いので、事務所周辺の良い建物をご紹介下さい、というお話があったので、前回の上野公園の話と絡めて、建築、いや住宅の仕上げ材という観点から、事務所から歩いて行ける範囲の建物について書きます。

千駄木にある文京区立森鴎外記念館、森鴎外の自邸があった関係から、この場所に記念館を立てることになり、陶器二三雄建築研究所の設計により、2013年にオープンしました。何より特筆すべきはその外観であり、煉瓦タイルの仕上げが素晴らしいです。実際、一度煉瓦タイルで仕上げた後、サンダーでヤスリをかけ、全体の質感を統一したとのことです。建物を見に行くと統一感があり、建物のマッス全体で迫ってくるような、私の敬愛するアルヴァロ シザの建物のような、日本建築になかなかない存在感を示しています。しかも、周辺の住宅スケール感に合わせてあり、タイルの質感と合わせ、環境に溶け込んでいるところも素晴らしいです。近隣にお住まいの方、実に居心地のよい空間なので、お時間あったらぜひ寄ってみて下さい。こういう建物を長い年月に耐えられる建築と呼ぶべきだと思います。


外壁ディテール、職人達の手仕事が精緻な納まりを支えています。煉瓦タイルの選択は、森鴎外の留学したドイツのイメージとも重ね合わせているそうです。

光と影だけで豊穣な空間を生み出しています、しかも、周辺スケールから突出せず、溶け込んでいるところが凄い。文豪、森鴎外の精緻な文章につながっているように思えます。千駄木に合った建物です。空間のスケール感、素材の扱いなど、ここまで精緻なものは難しいですが、住宅デザインにも大いに参考になると思います。


関連ブログ(建築素材シリーズとして、また建築散歩としてもお読み下さい。)

前川国男の外装/上野公園の建築3題

古びない素材としての煉瓦

前川國男の外装/上野公園の建築3題

弘前市にある前川国男設計の建築「木村産業会館」について、また、仕上げ材としての煉瓦についてふれたこときっかけに、上野にある、時期を経て建てられた前川國男設計の建築3題(国立西洋美術館、東京文化会館、東京都美術館)について書きたくなった。主に外装の仕上げ材を中心に、経年変化に耐える建築としての視点からである。いずれの建物も上野公園内にあり歩いて数分、散歩で日本の近代建築の流れが体験できます。


国立西洋美術館 1959年竣工

まずは、国立西洋近代美術館から、これは正確に言うと、ル・コルビジェ基本設計、それを彼の弟子である前川國男、坂倉順三、吉阪隆正の3人がサポートして設計した建物である。

コルビジェが日本に来たのは一回、さらに送ってきた図面は数枚、よって基本的なデザインはコルビジェのものとしても、かなりの部分は前述した3人によって設計された。外装はPCパネル。高知桂浜の小石を埋め込んだものだったそうだが、剥離が激しく、結局やり替え、今はフィリピン産の小石が打ち込まれたものになっている。階段や吹抜けのデザインなど、コルビジェらしい部分も随所にみられるが、やはり私がフランスで見た、彼の設計のラ・トウーレット、ロンシャンの教会のような強烈な造形性、ものの迫力はない。PC外壁でも見られるとおり、妙にこぎれいな洗練された外装仕上げがそう思わせる原因のひとつだと思われる。ロンシャンの教会など、仕上げは荒っぽいがその荒々しさがコルビジェの造形性をきわだたせている。


東京文化会館 1961年竣工

一方、こちらは東京文化会館、前川國男の代表作といったらこれになるだろう。コンクリート打ち放しの迫力あるデザイン。なぜ、この表現が選択されたか、前川自身の興味深い発言がある。

「もともと打ち放しというのは、ぼくらがレーモンド事務所にいたときに始めたんです。(中略)レーモンドとも相談しましてね、日本の建築はタイルか石でフィニッシュするので、どうも良くないというのですよ。良くないのはタイルというのはだんご張りしてつけるだけでしょう。ついたところで弱いモルタルで目地をやるようなことですから、そこから水が入るんですよね。吹き降りのときはひどい。中に入っているのがどうしてわかるかというと、いろいろなところでエフロレッセンスがでてくるでしょう。それでいろいろ議論したところ、いっそ打ち放しでやったらどうだということになったのです。」(座談会「打ち込みタイルと美術館」新建築1980年1月号より)

当時の日本では、タイルを貼ったとしても貧弱な技術と経験ゆえ、剥離や目地の汚れなどがすぐ発生して、仕上げ材や保護剤としての効果が出なかった。よっていっそのこと打ち放しで、、、という過程がよくわかる。

しかしこれも経年変化によって汚れが目立つようになる。前川自身がこう述べている。

「戦後むやみに打ち放しをつくったものですが、これがどうも汚れっぷりがよくないわけです。(中略)それじゃあ何でやるかというと焼き物しかないんじゃないか。」(座談会「打ち込みタイルと美術館」新建築1980年1月号より)


東京都美術館 1975年竣工

1960年代後半になると、以上のような経緯から、前川國男はコンクリートに型枠に先止めした足のあるタイルを貼り打ち込む「打ち込みタイル工法」を開発し展開していく。これは高温多湿、雨や台風の多い日本の環境に合った仕上げだった。東京都美術館は打ち込みタイルを全面的に使った建築で、いまもその質感のある外観が上野の森の緑と調和した姿を見せている。


上野の前川國男設計の建物を見るだけでも、日本の建築の仕上げ材の考え方がよくわかる。そして、それは住宅の仕上げデザインにも参考になると思います。

※今回の文章は「近代建築を記憶する」松隈洋著 建築思潮研究室刊を参考にしました。


■関連コラム

古びない素材としての煉瓦

土浦亀城邸→日本の近代住宅を振り返って

コンクリートの美学→ルイス カーンから安藤忠雄へ