素人でもわかるブロック塀の危険性診断

平成30年6月18日に大阪で起きた震災で、問題となったブロック塀の倒壊について、簡単に素人でも診断できる内容についてメモします。

図;ブロック塀の構造について

添付の図を見て頂くとわかりやすいと思いますが、高さ1.2m以上のブロック塀については、すべて控え壁が必要です。この控壁が入っているかいないかで、耐震性は大きく変わります。この控え壁が、3.4mピッチで入っていれば、建築基準法に基づいた設計がされている可能性が高いと考えてよいでしょう。逆に、この高さを超えたブロック塀で、控壁がないとすれば、その時点で震災時に倒壊の危険性があり、何か問題が起きた時に責任を負う可能性があります。

ブロック塀の危険性は、以前から建築学会の中で何回も指摘されていました。耐震診断の中でも、本体構造の診断が優先され、塀や煙突などの付帯構造物の診断は後回しになる傾向があります。今回の学校での痛ましい事故で、その危険性が大きくクローズアップされたことになります。公共建築だけでなく、自宅でもブロック塀を使っている場合が数多くあります。上記の寸法をあたってみることで、専門家でなくてもある程度判断することができます。ご自宅のブロック塀を上記寸法に合わせてぜひご確認下さい。

将来の改修を見越した、「壊せる」プランニング

子供たちに渡せる家づくり、というテーマで、RC住宅を計画するなかで留意すべき点が、全ての壁をRCで作らない、ということです。外壁は基本性能を確保できるようにしっかり作り込む、しかし、内部の間仕切りは、構造的に必要な部分を除いて、乾式構造、木や、軽量鉄骨、またはコンクリートブロックで組んでおくことが望ましい、将来の家族構成の変化に合わせて、部屋を割ったり広げたりできるからです。例えば、2人の子どもが小学校に入ったら部屋を2つに分割して、片方が社会人になって出て行ったら、広げて趣味の部屋に、、、また、水周り、ユニットバスなども、乾式の壁で囲んでおくと将来の入れ替えがしやすいです。何世代も長持ちする住宅は、ある程度の変化に耐えられるフレキシブルなスペース構成が可能なように作っておくべきなのです。


関連コラム

店舗、保育園デザインのノウハウは、住宅に生きるの?

リフォームですが、キッチンをつくる

家事室がほしい、、、

湯島ハイタウン/日本最初期の高層マンション

湯島ハイタウン外観;構造グリッドを現したデザイン。最初期の高層マンションということもあり、バルコニーがないのも特長です。


ヴィンテージマンションという言葉をご存知でしょうか?竣工後も長く愛され、、いつまでも人気が落ちず、その地域の代名詞となるようなマンションや集合住宅を指します。当事務所;K&FACTORYのある湯島ハイタウンもそのひとつです。建築散歩として、また事務所のある場所紹介も兼ねて、この建物について書きます。

湯島ハイタウンは、1969年竣工、三菱地所が開発しました。東京には1919年に施行された市街地建築法に始まり、長らく都市計画で31mの高さ制限がありましたが、それが高さ制限から容積率などによる規制の読み替えとあわせ、建築高さの緩和により、都内に高層ビルやマンションが建築可能になりました。日本最初の超高層ビル;霞が関ビルと同時期、その恩恵を受けた最初期の高層マンションです。

建物としては16階建て、かつての岩崎弥太郎邸の正門部分に当たります。(背後には旧岩崎邸(現岩崎記念館と岩崎庭園)が控えています)。坂道を利用して、1階、2階いずれもアプローチがあります。2階に当たる部分がロビーになっていて、床と壁は石張り、1、2階は店舗や事務所で、その上は住宅となっています。特筆すべきはそこにコンシェルジェ的な受付があること、ホテル的な発想で、当時の最先端でした。またユニークなのが、平面的には二戸イチの構成なのですが、それぞれの群ごとにエレベーターをかかえていること、おそらく高層住宅のエレベーター計画がなかった時代、テストも兼ねて配置されたのではないかと思います。躯体も頑丈で密実なコンクリートが打たれています。

当時の最先端マンションとして、芸能人やアーティストが多く住んだと言われています。湯島の地に長く建ち、その屏風を開いたような外観は長年親しまれてきました。実際事務所をここに開いていて、コンシェルジェでの一時預かりや、一階に郵便局があったり、二階に喫茶店やパン屋さんがあってちょっとした用などにもとても便利です。これからも長くこの建物が愛されながら使われることを願ってやみません。


2階ロビー、受付カウンターが見える。床壁は大理石貼り。ホテルのロビーのようなデザインは当時画期的だった。


関連ブログ

建築散歩も兼ねて、、、千駄木の鴎外記念館

戦後最初期のモダン住宅の魅力/清家清自邸

土浦亀城邸/日本の近代住宅を振り返って

 

 

前川國男の外装/上野公園の建築3題

弘前市にある前川国男設計の建築「木村産業会館」について、また、仕上げ材としての煉瓦についてふれたこときっかけに、上野にある、時期を経て建てられた前川國男設計の建築3題(国立西洋美術館、東京文化会館、東京都美術館)について書きたくなった。主に外装の仕上げ材を中心に、経年変化に耐える建築としての視点からである。いずれの建物も上野公園内にあり歩いて数分、散歩で日本の近代建築の流れが体験できます。


国立西洋美術館 1959年竣工

まずは、国立西洋近代美術館から、これは正確に言うと、ル・コルビジェ基本設計、それを彼の弟子である前川國男、坂倉順三、吉阪隆正の3人がサポートして設計した建物である。

コルビジェが日本に来たのは一回、さらに送ってきた図面は数枚、よって基本的なデザインはコルビジェのものとしても、かなりの部分は前述した3人によって設計された。外装はPCパネル。高知桂浜の小石を埋め込んだものだったそうだが、剥離が激しく、結局やり替え、今はフィリピン産の小石が打ち込まれたものになっている。階段や吹抜けのデザインなど、コルビジェらしい部分も随所にみられるが、やはり私がフランスで見た、彼の設計のラ・トウーレット、ロンシャンの教会のような強烈な造形性、ものの迫力はない。PC外壁でも見られるとおり、妙にこぎれいな洗練された外装仕上げがそう思わせる原因のひとつだと思われる。ロンシャンの教会など、仕上げは荒っぽいがその荒々しさがコルビジェの造形性をきわだたせている。


東京文化会館 1961年竣工

一方、こちらは東京文化会館、前川國男の代表作といったらこれになるだろう。コンクリート打ち放しの迫力あるデザイン。なぜ、この表現が選択されたか、前川自身の興味深い発言がある。

「もともと打ち放しというのは、ぼくらがレーモンド事務所にいたときに始めたんです。(中略)レーモンドとも相談しましてね、日本の建築はタイルか石でフィニッシュするので、どうも良くないというのですよ。良くないのはタイルというのはだんご張りしてつけるだけでしょう。ついたところで弱いモルタルで目地をやるようなことですから、そこから水が入るんですよね。吹き降りのときはひどい。中に入っているのがどうしてわかるかというと、いろいろなところでエフロレッセンスがでてくるでしょう。それでいろいろ議論したところ、いっそ打ち放しでやったらどうだということになったのです。」(座談会「打ち込みタイルと美術館」新建築1980年1月号より)

当時の日本では、タイルを貼ったとしても貧弱な技術と経験ゆえ、剥離や目地の汚れなどがすぐ発生して、仕上げ材や保護剤としての効果が出なかった。よっていっそのこと打ち放しで、、、という過程がよくわかる。

しかしこれも経年変化によって汚れが目立つようになる。前川自身がこう述べている。

「戦後むやみに打ち放しをつくったものですが、これがどうも汚れっぷりがよくないわけです。(中略)それじゃあ何でやるかというと焼き物しかないんじゃないか。」(座談会「打ち込みタイルと美術館」新建築1980年1月号より)


東京都美術館 1975年竣工

1960年代後半になると、以上のような経緯から、前川國男はコンクリートに型枠に先止めした足のあるタイルを貼り打ち込む「打ち込みタイル工法」を開発し展開していく。これは高温多湿、雨や台風の多い日本の環境に合った仕上げだった。東京都美術館は打ち込みタイルを全面的に使った建築で、いまもその質感のある外観が上野の森の緑と調和した姿を見せている。


上野の前川國男設計の建物を見るだけでも、日本の建築の仕上げ材の考え方がよくわかる。そして、それは住宅の仕上げデザインにも参考になると思います。

※今回の文章は「近代建築を記憶する」松隈洋著 建築思潮研究室刊を参考にしました。


■関連コラム

古びない素材としての煉瓦

土浦亀城邸→日本の近代住宅を振り返って

コンクリートの美学→ルイス カーンから安藤忠雄へ

戦後最初期モダン住宅の魅力 清家清自邸

清家清邸を外から撮った有名なモノクロ写真。インテリアと庭とが一体化した繋がりがよくわかる。


1954年間竣工 登録有形文化財

日本のモダンリビングデザインといえば、まずはこれでしょう。設計は東工大教授の清家清さん。私が学生時代から好きな作家で、研究テーマでもありました。

日本初のワンルーム住宅。オープンなプランで、構造体の壁や家具で空間を緩やかに区切る。ファンスワース邸もまだ発表されていない頃のオリジナルなデザイン。とくにトイレにドアかないので有名になった。

インテリアと庭に鉄平石を貼り、同じレベルで一体化してみせるデザイン。これは日本住宅の特徴でもある土間のデザイン化でもある。当時としては思い切った設計だった。ただ実際はそれだけでは落ち着かず、二畳の畳ユニットを設けたのだが、可愛くてユニークなデザイン、この畳ユニットの考え方は様々に真似られたものである。

その開放的な見え方から、木造だと思い込んでいたが調べ直したら鉄筋コンクリート造だった。日本住宅のデザインをRC住宅で実現したともいえる。屋根は鉄骨ハブマイヤートラス構造が支える。当時は鉄も貴重な素材で、このようなトラス構造が多く用いられた。今ならIビームで一発で飛ばすだろう。

もともとお父さんのために作ったはずが、拒絶され自分で住む羽目になったとのこと。住吉の長屋といい、やはり新しいデザイン住みこなすには相応の覚悟がいる。しかし、ここから戦後の日本モダン住宅デザインは始まったとも言えるのである。


配置平面図、庭と一体化したリビング、開放的なワンルームの構成がよくわかる。この後、庭を囲んで私の家、続私の家と続く。コンテナを改造した離れが、タモリに偶然発見され、タモリ倶楽部への出演につながった逸話も有名。


■関連コラム

土浦亀城邸→日本の近代住宅を振り返って

コンクリートの美学→ルイス カーンから安藤忠雄へ