斎藤助教授の家/「日本の家」展を見て

住宅は公共建築とは違い、よほどのことがない限り現物を見ることはできない。しいて言えば建築つながりということで、コネクションや教育の一環の中での建築家の自邸を体験させていただいた。学生の時見た吉田研介さんや穂積信夫さんの自邸はやはり未だに記憶に残っている。あとは知人の住んでいた宮脇壇の松川ボックスで食事をしたり、大倉山ヒルタウンに泊まったりなど、住宅、とくに個人住宅については現物を見たり、ましてや体験することができるのは限られている。

昨年国立近代美術館で開催された「日本の家」展で展示された、清家清設計による斎藤助教の家の原寸大モックアップ、この実物を見られたのは衝撃的だった。何せ学生時代研究していて、白黒写真と図面しか見たことがない住宅が目の前にあらわれたのだから。

この写真は新建築に発表された有名な写真。この写真と平面図を見ながら空間を想像し、日本の近代住宅史を考えたのが大学院時代の研究だった。

さて、現物を見て感じたのは、意外と低さを感じない天井の高さとか、家具の配列による見事な空間の仕切りとか、やっぱり上手い建具の扱いとか、いくつもあるけど、やはりそれ以上に、あの古き写真で見た空間の浮遊感は、やはり想像するしかないな、ということだった。屋根の薄さと、キャンティレバーで持ち出された基礎、、、おもえば、ずいぶん前に開催された、森美術館のル・コルビジェ展で、マルセイユのユニテの再現モックアップが置かれていたけれど、実物を見た私としては、やはり美術館のインテリアに再現された空間には体験として限界がある。あのマルセイユの、地中海の陽光と、あの空間は密接に結びついている。ということで、この斎藤助教授のモックアップも、より実物を想像するための手がかりにすぎない、いかに建築は場や、実際の太陽光線等に支配されているか、ということを再認識した次第でありました。図面や写真から読み取れる浮遊感や軽快さは現場に行かなければわからないわな。。。まあ当時と違ってもはや周辺環境も市街化されて激変していると思うのだけど。。。

モックアップを見て、むしろ想像することが多く、イメージが膨らんだ。それは建築とインテリアの違いだし、清家さんの建築がいかに場と結びついているか、という証明だとも思うけれど。上にある、清家さん自身が描かれたパースなんてほんとに空間のイメージがつたわる。


戦後最初期モダン住宅の魅力/清家清自邸

 

アートの器としての住宅

T邸の施主もアートコレクター。アートが問題なく保管されている。写真はリビングにかかるアーティスト「国民投票」の作品。トップライトから壁に光を当てている。


私たちのデザインパートナーであるmatt鈴木が、RCZ住宅に注目したたのは、もうひとつの彼の専門である現代アートの保管がきっかけでした。

もともとアメリカに住んでいたこともあり、日本の住宅の断熱性の低さ、何より木造住宅の壁の薄さを痛感していました。そして、欧米に比べて高温多湿な日本の環境は、アートにとっても過酷な環境といえます。
また、現代アートはこれまでに比べてもさまざまな素材や、電気などのシステムを使うものもあり、その保存はますます細心の注意が必要なものとなっています。

最近もある住宅にアートを納入しようとしましたが、その住宅が結露でトラブルを起こしているため、納入できなくなったという事例がありました。
人間に対しててだけでなく、アートにとって、カビや痛みの原因となる結露は大敵です。保管に気を使わず、しばらくして気がついたら高額で購入したお気に入りのアートが痛んでいた、裏側にカビが生えた、などの例は枚挙にいとまがないほどです。

RCZ工法は、これまでいろいろ述べたとおり、結露を起こしづらいシステムです。
また、コンクリートということあり、セキュリティ上も安心感があります。mattはそこに注目し、RCZ工法を自分のアートコレクターが住宅を建てる時に工法として勧めるようになりました。
そして、その結果、これまでいくつか建てた中でアートを置いた実績としても、結露などの問題がなく、アートの保管に有効だということが証明されています。

RCZ工法による住宅は、人間にやさしいだけでなく、アートの器として極めて有効なものでもあるのです。