素人でもわかるブロック塀の危険性診断

平成30年6月18日に大阪で起きた震災で、問題となったブロック塀の倒壊について、簡単に素人でも診断できる内容についてメモします。

図;ブロック塀の構造について

添付の図を見て頂くとわかりやすいと思いますが、高さ1.2m以上のブロック塀については、すべて控え壁が必要です。この控壁が入っているかいないかで、耐震性は大きく変わります。この控え壁が、3.4mピッチで入っていれば、建築基準法に基づいた設計がされている可能性が高いと考えてよいでしょう。逆に、この高さを超えたブロック塀で、控壁がないとすれば、その時点で震災時に倒壊の危険性があり、何か問題が起きた時に責任を負う可能性があります。

ブロック塀の危険性は、以前から建築学会の中で何回も指摘されていました。耐震診断の中でも、本体構造の診断が優先され、塀や煙突などの付帯構造物の診断は後回しになる傾向があります。今回の学校での痛ましい事故で、その危険性が大きくクローズアップされたことになります。公共建築だけでなく、自宅でもブロック塀を使っている場合が数多くあります。上記の寸法をあたってみることで、専門家でなくてもある程度判断することができます。ご自宅のブロック塀を上記寸法に合わせてぜひご確認下さい。