将来の改修を見越した、「壊せる」プランニング

子供たちに渡せる家づくり、というテーマで、RC住宅を計画するなかで留意すべき点が、全ての壁をRCで作らない、ということです。外壁は基本性能を確保できるようにしっかり作り込む、しかし、内部の間仕切りは、構造的に必要な部分を除いて、乾式構造、木や、軽量鉄骨、またはコンクリートブロックで組んでおくことが望ましい、将来の家族構成の変化に合わせて、部屋を割ったり広げたりできるからです。例えば、2人の子どもが小学校に入ったら部屋を2つに分割して、片方が社会人になって出て行ったら、広げて趣味の部屋に、、、また、水周り、ユニットバスなども、乾式の壁で囲んでおくと将来の入れ替えがしやすいです。何世代も長持ちする住宅は、ある程度の変化に耐えられるフレキシブルなスペース構成が可能なように作っておくべきなのです。


関連コラム

店舗、保育園デザインのノウハウは、住宅に生きるの?

リフォームですが、キッチンをつくる

家事室がほしい、、、