建築散歩も兼ねて、、、千駄木の鴎外記念館(素晴らしい外装タイル貼り)

アプローチから大銀杏を見る。鴎外邸の庭にあった大銀杏をそのまま残し、シンボリックに見立てています。


最近ブログで良いので、事務所周辺の良い建物をご紹介下さい、というお話があったので、前回の上野公園の話と絡めて、建築、いや住宅の仕上げ材という観点から、事務所から歩いて行ける範囲の建物について書きます。

千駄木にある文京区立森鴎外記念館、森鴎外の自邸があった関係から、この場所に記念館を立てることになり、陶器二三雄建築研究所の設計により、2013年にオープンしました。何より特筆すべきはその外観であり、煉瓦タイルの仕上げが素晴らしいです。実際、一度煉瓦タイルで仕上げた後、サンダーでヤスリをかけ、全体の質感を統一したとのことです。建物を見に行くと統一感があり、建物のマッス全体で迫ってくるような、私の敬愛するアルヴァロ シザの建物のような、日本建築になかなかない存在感を示しています。しかも、周辺の住宅スケール感に合わせてあり、タイルの質感と合わせ、環境に溶け込んでいるところも素晴らしいです。近隣にお住まいの方、実に居心地のよい空間なので、お時間あったらぜひ寄ってみて下さい。こういう建物を長い年月に耐えられる建築と呼ぶべきだと思います。


外壁ディテール、職人達の手仕事が精緻な納まりを支えています。煉瓦タイルの選択は、森鴎外の留学したドイツのイメージとも重ね合わせているそうです。

光と影だけで豊穣な空間を生み出しています、しかも、周辺スケールから突出せず、溶け込んでいるところが凄い。文豪、森鴎外の精緻な文章につながっているように思えます。千駄木に合った建物です。空間のスケール感、素材の扱いなど、ここまで精緻なものは難しいですが、住宅デザインにも大いに参考になると思います。


関連ブログ(建築素材シリーズとして、また建築散歩としてもお読み下さい。)

前川国男の外装/上野公園の建築3題

古びない素材としての煉瓦