戦後最初期モダン住宅の魅力 清家清自邸

清家清邸を外から撮った有名なモノクロ写真。インテリアと庭とが一体化した繋がりがよくわかる。


1954年間竣工 登録有形文化財

日本のモダンリビングデザインといえば、まずはこれでしょう。設計は東工大教授の清家清さん。私が学生時代から好きな作家で、研究テーマでもありました。

日本初のワンルーム住宅。オープンなプランで、構造体の壁や家具で空間を緩やかに区切る。ファンスワース邸もまだ発表されていない頃のオリジナルなデザイン。とくにトイレにドアかないので有名になった。

インテリアと庭に鉄平石を貼り、同じレベルで一体化してみせるデザイン。これは日本住宅の特徴でもある土間のデザイン化でもある。当時としては思い切った設計だった。ただ実際はそれだけでは落ち着かず、二畳の畳ユニットを設けたのだが、可愛くてユニークなデザイン、この畳ユニットの考え方は様々に真似られたものである。

その開放的な見え方から、木造だと思い込んでいたが調べ直したら鉄筋コンクリート造だった。日本住宅のデザインをRC住宅で実現したともいえる。屋根は鉄骨ハブマイヤートラス構造が支える。当時は鉄も貴重な素材で、このようなトラス構造が多く用いられた。今ならIビームで一発で飛ばすだろう。

もともとお父さんのために作ったはずが、拒絶され自分で住む羽目になったとのこと。住吉の長屋といい、やはり新しいデザイン住みこなすには相応の覚悟がいる。しかし、ここから戦後の日本モダン住宅デザインは始まったとも言えるのである。


配置平面図、庭と一体化したリビング、開放的なワンルームの構成がよくわかる。この後、庭を囲んで私の家、続私の家と続く。コンテナを改造した離れが、タモリに偶然発見され、タモリ倶楽部への出演につながった逸話も有名。


■関連コラム

土浦亀城邸→日本の近代住宅を振り返って

コンクリートの美学→ルイス カーンから安藤忠雄へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です