ル・コルビジェとアイリーン 追憶のヴィラ

もう公開が終わってしまったのだけれども、「ル・コルビジェとアイリーン 追憶のヴィラ」という映画が公開されていました。ちょうどバタバタで何も見られない時期で見落として、最近気がついたわけです。アイリーンが「アイリーン グレイ」を指しているとは気がつかず。。。アイリーン グレイはずっと好きな建築家/デザイナーでした。 ちょうど私が大学院のころ、近代の見直しが盛んで、私は日本の近代住宅とともに、ヨーロッパの近代建築も追っかけていて、そこで、アイリーン グレイを発見したわけでした。彼女の本はまだ日本では翻訳されていなくて、小池一子さんの翻訳が出たのが1992年、買って読んだことを覚えています。 アイリーン グレイのデザインは、他の流れから全く自立し、突然出現したもので、彼女がもともとアール・デコのデザイナーであり、建築は後から自己流で学んだものだったりすることから来ています。この家具のデザインなど、とても100年近く前のものとは思えません。(私も持っていた)。




本人と恋人で建築家/編集者のジョン、パドウィッチのために、住宅E.1027のための家具としてデザインされた。ベッドサイドに置き、朝食をつまむためにデザインされたとのこと。高さも調節できて、本当にそう使うと便利だった!

面白いのはパリで漆の日本人職人、菅原精造の薫陶を受け、デザインに取り入れているということ。この人や、ピエール シャロー「ガラスの家」など、1920年代に、普通の建築家とは別の流れでデザインされたすごくカッコいいインテリアデザインがいくつか現れ、それがモダンデザインを牽引していったように思えます。 「住宅E.1027」は、近代建築の巨匠、ル・コルビジェが賞賛し、挙げ句の果てにインテリアに勝手に絵を描いて、アイリーン グレイと微妙な関係になったというエピソードが有名で、この映画もその頃を描いています。この当時のインテリア写真を見ても、いかに革新的なデザインだったかがよくわかります。 映画をDVDで観ると、やはり現地でロケされたアイリーン クレイ設計の住宅「住宅E.1027」のインテリアが素晴らしくて、主要キャストと同じくらいの魅力を放っていました。しかし、こんなマニアックな話が映画化されて、それが日本に入ってくるとは、、、あと、ヴァンサン ベレーズは久々見たな。 追記、近年、フランス政府が土地を買い取り、隣接するル コルビジェ設計の海を望む「休暇小屋」とあわせて「住宅E.1027」が補修され、一般公開されたとのこと、こちらのサイトを参照下さい。


■関連コラム

前川国男の外装/上野公園の建築3題

ベルリン・名作集合住宅の断熱リノベーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です