実際のFLOW(T邸を参考に)

私たちが設計監理したRCZ工法による住宅例です。設計から建築までの基本的な流れを順を追ってご紹介します。


T邸

敷地;東京都新宿区西早稲田 敷地面積;108㎡、建築面積;48㎡、延べ床面積;114㎡ 3階建て


施主様からのご要望

1)ご夫婦のための寝室が1つ、子ども部屋が2つ、広いリビングと書斎が別途欲しい。2)壁に絵を飾りたいのでRC壁に結露が出ないようにして欲しい。3)地震や火災などの災害に強く、安心できる自宅が欲しい。4)子供のために空気や水環境を整備したい。5)家でも仕事に集中できるように遮音性のある書斎にして欲しい。

*お施主の方は30代前半でお子様が生まれたばかり。ご家族でくつろげる家が欲しいと、奥様の意見を聞きながらお考えをまとめられたそうです。事前の打ち合わせを基に、上記のようなリクエストをいただきました。


基本設計

設計契約後、基本設計に着手しました。

敷地は旗地といわれる、奥まった場所で、L字型の形状をしています。

配置図、周辺に建物が迫っています。

まず、高さ制限と斜線制限いっぱいに建物を確保しました。セットバックした部分は屋上バルコニーにしました。

断面図、セットバックした部分は斜線制限に基づきます。

平面計画は、1階に個室と風呂、2階にリビング&ダインイングを大きく確保、3階にご夫婦のためのマスターベッドルームをつくりました。 内装計画のキーポイントは、(3方向が隣接した住宅に囲まれているため)どのような採光計画で自然光を取り込み各部屋に平均的な照度を確保するかでした。階段をシースルーの鉄骨階段とし、窓の位置を熟考することでインテリアに開放感を与え階段室の吹き抜けからの光を分散導入しています。

1階平面図、旗竿型の敷地を活かし導入部は車庫にしています。

2&3階平面図:2階にダイニングを兼ねた大きなリビングを作り、断熱材の効いたRCZ壁にアートを2点飾りました。ダイニング側のアートの上部にはトップライトを設け、UVカットされた天然光で観る作品はカッコいいです。又、アイランドキッチンのすぐ隣に洗面と洗濯機を納めたランドリールームを設け、奥様の仕事がこの1箇所で全て完結するようにレイアウトされています。3階の夫婦室には大きな間仕切りを設け開放すれば広いワンルームになるようにしています。

模型です。周辺建物が迫っているのがよくわかります。当事務所はお客様と立体的なコミュニケーションをとるため、周辺地域との関連模型をつくって打ち合わせします。設計期間は許認可も含めて約4ヶ月でした。

見積→コスト調整→着工へ

基本設計完了後、見積もりを行い、コスト調整の後、詳細をつめて工務店と契約、着工への運びとなりました。

コスト調整については、詳細設計に入る前に見積をしっかり固めるのがポイントです。全体の延べ床面積、施工床面積と実勢価格で大まかな予算は出ますが、早く調整を行うことで、まず、お客様のコストに対する不安を取り除きます。そして、その後の詳細設計や施工での手戻りが少なくなり、竣工までのスケジュールがしっかり固まります。

現場とは頻繁な打合せを経て、コンクリートの打設と背筋の精度には細心の注意を払いました。 打ち合わせは:月2回定期的に、又必要に応じて現場と合同で行いました。尚工事の進行に合わせて現地を視察頂きながら竣工後では目に見えない隠れた部分の説明をさせていただきました。工事期間は3階建てということもあり約5ヶ月。


完成後

完成後の外観です。

ダイニングから見たリビングの様子、打ち放し部分は壁柱と壁梁です。構造計算に基づき建物の強度を確保しています。

リビングにはトップライトから自然光が入ります:アートを痛めない為に結露の発生しない壁、そしてトップライトはUVカット仕様で自然光による作品へのダメージを遮断しました。

シースルーの階段です。自然光が室内まできれいに差し込みます。

 

セントラル浄水システム「SOLUVE」を設置しました。いくつもの候補の中から厳選したこの浄水システムによって家中全ての蛇口からミネラルウォーターのようにきれいなお水が供給されます。お子様にとって大切な水環境もこれで完璧です。

 


竣工後ご家族には大変喜んで頂きました。 夏前の竣工でしたが、夏を迎えてもフルにエアコンを可動させる必要もなく室内は暑さをあまり感じず快適だった。また外の騒音や子供達の声、2Fリビングを走り回る振動もほとんど1階の書斎にいると聞こえないので仕事に集中できるとの感想をいただきました。お客様に喜んでいただく事が、私たちにとって何よりも励みになります。


■関連コラム

*FLOW(お家完成までの流れ)

*低コストなのに、何故こんなに高品質の家が作れるの?

*健康によい住宅

*古びない素材としての煉瓦

*アートの器としての住宅


お問い合わせはこちらへ