健康によい住宅

 

[健康]に配慮したヨーロッパの住宅基準

 

「健康」に関する日本の建築基準はヨーロッパと比べて残念ながら最低以下の基準です。例えばイギリスでは「暖房を止めた時の室温」が20℃を超えていなければ健康被害が出るという理由で建築許可すら取得できません。また中古住宅においても暖房未使用時の室温が20℃以下だと改善命令が通達され、応じないと取り壊し命令が発令されるほど厳しい法律のもとに国民の健康は保全されています。特に冬場、高齢者の死亡率が激増する為とても厳しい基準が設けられているのです。

ヒートショック死は先進国共通の課題です。日本でも冬場の温度差によるお風呂場での事故(心臓麻痺、脳溢血等)が多発しています。入浴時のヒートショック死の死亡率はドイツに比べて日本は18倍、ヒートショックが原因と思われる脳卒中や心臓麻痺死亡事故件数は、交通事故による死亡件数の約2倍になります。

古来から伝わる伝統的木造家屋は素晴らしい。しかしその断熱性能は乏しく、昔から日本人のほとんどは冬の寒さに耐える習慣がありました。しかしそれは健康に致命的な被害を与える重要な要因にもなるのです。【ヒートショックの概念図】

 

「RCZ住宅」は、住宅全体を高断熱の壁とサッシュでくるむことによって、住宅の中の気候環境を居室だけでなく風呂場からトイレまで一定に保ちます。優れた断熱性能によってヒートショックの危険性を格段に低減させ、ヨーロッパの基準に近づけることができるのです。

エアコンをつけなくても夏は涼しく、冬も暖かい。暑さ寒さのピークのときだけエアコンに頼ればよい。そうすることで健康に良いだけでなく光熱費を減らすことができます。

 

 [美容]の観点から見ても大切なこと

 

「美容」の観点から見ても:暖かい家で暮らすと血行が良くなる事で、新陳代謝が促進され痩せやすい体質になります。逆に寒い家だと代謝が悪くなり、その結果痩せにくく筋肉の低下や運動不足、目に見えないストレス、身体の歪みなどを誘発します。

「これらはアンチエイジングの最大の敵と言えます。」

また、ご家庭で使う水道水の水質が「美容」に大きな影響を与えるのも知っておくべき点です。豊富なミネラルを残したまま残留塩素や有機物を除去したお水を使うのが最も望ましいのです。

お料理やシャワーなど・・特に小さいお子様がいらっしゃるご家庭においては、ウォーターサーバーから出るような (害のない) きれいなお水が家中全ての蛇口から出たら理想的です。

家づくりの基本として水環境はとても大切。 お客様のご家族に適した浄水設備の提案もさせて頂ければと思っております。 

 


 

[健康と美容]のための優れた住宅 :4つの条件

 

 高い断熱性能

夏は涼しく冬は暖かい。ヒートショックなどの心配が格段に低減されます

きれいな空気

結露や高湿度によって発生するカビやダニはアトピー性皮膚炎などの要因となります。  高温多湿を抑え結露の出ない室内環境が理想です

害のない建築材料

シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドなどが安心基準であること。“抗酸化”自然素材中心の仕上げでお家の中を包み込みます

清らかな水環境

ミネラルウォーターの様にきれいな水が家中全ての蛇口から出る家。  毛穴からの健康被害も抑制します

 

これらの条件を満たすための仕上材や環境設備を、時代の進化に合わせてご提案させていただきます。


■関連コラム;なぜ日本の断熱住宅の性能は低いのか?

その1 日本の古民家の話から

その2 日本の屋根って?

その3 RC住宅の歴史1 戦前まで

その4 RC住宅の歴史2 戦後~現在まで

その5    ヨーロッパの断熱と冷暖房事情