結露とRCZシステム

結露はなぜ起きるのでしょうか?冬、急に気温が低くなったりすると、大気中にある水分が水滴がついとなって、窓面などに水滴となってあらわれます。これは、暖かい空気はそれだけ水分を多く含むので、冬の冷たい外気温と暖房された内部の気温の差によって起きます。最近の住宅は気密性が高まっていますので、外気温と接する部分で結露が起きやすくなっています。換気が重要なのは、空気を入れ替えていると結露が起きにくいためです。近年の法改正で、新築住宅において24時間換気が義務化されたのは、シックハウス対策の他、結露防止の意味も含まれています。
結露が起こると、カビなどが生え、ダニが発生し、ぜんそくなどの疾患の原因になります。見えるところに現れる結露やカビなどは、掃除である程度取れるかもしれません。しかし問題なのは、見えないところに溜まった結露水などが原因になるカビです。木造住宅が問題なのは、グラスウールなどで断熱しても、隙間の部分で結露し、カビなどが発生していることか良くあります。
RCZ工法の良いところは、断熱材と型枠が一体のため隙間が生まれないことです。見えないところに結露水が溜まりづらい工法となっています。

断熱材が打ち込まれた壁、隙間なく躯体と断熱材の間で結露しづらい

断熱性能の高いサッシュとガラスを使うことで、窓面の結露を抑えることもできます。外気温が内部に伝わりにくい断熱性能の高い家は、結露が起こりにくいです。後は、換気扇を回すことで、部屋の空気を入れ替えることも重要です。ヨーロッパに比べ、日本は多湿で、空気中に水分を多く含みます。結露を防ぐことは、健康に良いのです。


■関連コラム

アートの器としての住宅

断熱サッシュの話