アートの器としての住宅

T邸の施主もアートコレクター。アートが問題なく保管されている。写真はリビングにかかるアーティスト集団「REFERENDUM」の作品。トップライトから壁に光を当てている。


私たちのデザインパートナーであるmatt鈴木が、RCZ住宅に注目したたのは、もうひとつの彼の専門である現代アートの保管がきっかけでした。

もともとアメリカに住んでいたこともあり、日本の住宅の断熱性の低さ、何より木造住宅の壁の薄さを痛感していました。そして、欧米に比べて高温多湿な日本の環境は、アートにとっても過酷な環境といえます。
また、現代アートはこれまでに比べてもさまざまな素材や、新しいテクノロジーを使うものもあり、その保存はますます細心の注意が必要なものとなっています。

最近もある住宅にアートを納入しようとしましたが、その住宅が結露でトラブルを起こしているため、納入できなくなったという事例がありました。
人間に対しててだけでなく、アートにとって、カビや痛みの原因となる結露は大敵です。保管に気を使わず、しばらくして気がついたら高額で購入したお気に入りのアートが痛んでいた、裏面にカビが生えた、などの例は枚挙にいとまがないほどです。

RCZ工法は、これまでいろいろ述べたとおり、結露を起こしづらいシステムです。
また、コンクリートということあり、セキュリティ上も安心感があります。mattはそこに注目し、RCZ工法を自分のアートコレクターが住宅を建てる時に工法として勧めるようになりました。
そして、その結果、これまでいくつか建てた中でアートを置いた実績としても、結露などの問題がなく、アートの保管に有効だということが証明されています。

RCZ工法による住宅は、人間にやさしいだけでなく、アートの器として極めて有効なものでもあるのです。


■関連コラム

古びない素材としての煉瓦

店舗、保育園デザインのノウハウは、住宅に生きるの?

前川国男の外装/上野公園の建築3題

土浦亀城邸→日本の近代住宅を振り返って

コンクリートの美学→ルイス カーンから安藤忠雄へ